【Recommended games】ストラテジー×アクションの白熱したチーム戦が魅力の『#コンパス』を紹介


 YouTuberのゲーム実況動画におすすめのゲームを紹介する【Recommended games】。初回となる今回は、スマートフォン向けリアルタイムオンライン対戦ゲーム『#コンパス【戦闘摂理解析システム】(以下、#コンパス)』(提供: NHN PlayArt Corp.)を紹介していく。同作はExvisionのゲームランキングにて、11月15日の時点で37位を記録。


1. 白熱した対人戦で盛り上がりを見せる唯一無二のタイトル

『#コンパス』は、ステージに配置された拠点を3分間で奪い合う、リアルタイム対戦ゲームだ。仲間とチームを組み、他プレイヤーのチームと3on3で戦う。スキルカードを集めて、組み合わせによる多彩な戦略で独自のデッキを作って対戦できるのが特徴。アクションゲーム、戦略ゲーム、カードゲームの要素を、1バトル3分に凝縮して詰め込んだ、まったく新しいジャンルの対戦ゲームとして人気を集めている。

 開発・運用を手掛けたのは『LINE:ディズニーツムツム』のNHN PlayArtと、動画サービス「niconico」を手がけるドワンゴ。
 ゲームとしての楽しさに加えて、「niconico」で活動するクリエイターによるIP制作が行われており、同プラットフォームでも多数の動画が投稿されている。両社の強みを生かしながら、ゲームの企画開発からデザイン、音楽制作、ゲーム実況までを同社サービスで完結させることができる運用行っている、革新的なタイトルである。

 2017年12月でリリースから一周年を迎える同作。これまでTVCMの放映をはじめ、期間限定ショップの展開など、多角的な施策で多くのユーザーに訴求し、300万ダウンロードを突破している。App Storeゲームカテゴリのセールスランキングでは、最高で6位を記録するなど、ゲーム内の熱は未だ冷めていない。

 


2. 熱戦は3分間に凝縮! 様々な役割で初心者でも貢献できる瞬間が――

 プレイヤーは所有している「ヒーロー」(キャラクター)の中から4人をデッキに編成して戦いに挑む。試合時間は3分間で、スマートフォンゲームらしく、ちょっとした空き時間で熱い試合を楽しめるのが魅力。
 戦略性の高いゲームとはいえ、きちんと制限時間が設けられているため、動画では凝縮された3分間に集中すれば、一連の結果をコンスタントに楽しめるという点も『#コンパス』ならではだ。

 








 対戦ゲームといっても、試合の結果を左右するのは“ポータルキー(陣地)を如何に多く占拠できるか”という部分。そのため、相手チームのヒーローと前線で戦わずとも、ポータルキーに陣取ってエリアを守るだけでチームに貢献できる。FPSゲームなどの殺伐とした雰囲気が苦手な人でも、気負いせずに対戦に挑めるはずだ。

  試合運びのカギとなるのが、それぞれのヒーローに割り振られた職種とスキルだ。ヒーローは「アタッカー」「ガンナー」「タンク」「スプリンター」の4職種に分類される。
  中でも『#コンパス』ならではの役割と言えるのが、移動に特化した「スプリンター」。戦闘は苦手だが、その移動速度を活かして陣地の確保を得意としている。
  このように自分で選択したヒーローの得意分野で連携をとることで、より白熱したチーム戦が楽しめるだろう。


3. バトルを彩る“音”にも注目

 ヒーローおよびスキルはそれぞれガチャから排出され、どちらもレアリティが存在する。しかし、単純に高いレアリティのものを使えばすぐに強くなれるわけではない。それよりも、低いレアリティのものを育成し、上手く編成したほうが強い場合もあるため、プレイヤーの構築力が問われる。このためか、デッキ紹介など、対戦以外にスポットを当てる動画も多数見受けられた。

 また、ゲーム中のテーマソングを手掛けるのは、なゆたん星人さん、まふまふさんなど、ボーカロイド楽曲を作詞・作曲する、通称 “ボカロP”たちヒーローごとのテーマソングが試合を盛り上げてくれるため、動画映えすること間違いなし。ヒーローのCVも丹下桜さん、小山力也さんをはじめとする豪華キャスト陣が担当しており、ゲームの脇を固める要素も申し分ない仕上がりだ。

 




 スマートフォン向けゲームのトレンドとも言えるマルチプレイ機能に加え、戦略的要素が備わった『#コンパス』。先述のとおり、Exvisionのゲームランキングでは11月15日の時点で37位につけている。動画でスーパープレイを披露すれば、「この人のプレイを見たい!」という、文字通りの“ヒーロー” 扱いを受ける投稿者が現れるかもしれない。

 同時に、YouTuberとしてもまだまだ開拓の余地があるタイトルでもあるだろう。今後実況するゲームのひとつに、ぜひ『#コンパス』を加えてみて欲しい。

 


『#コンパス【戦闘摂理解析システム】』のダウンロードはこちら



 

出典:
Exys「Exvision.」(『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』、閲覧日:2017年11月16日)
YouTube「kradness /くらっどねす」(『【♯コンパス】初音ミクコラボ中!♯コンパスを やってみた。【kradness Game】』、2017年7月14日公開)
Apple「App Store」(『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』、閲覧日:2017年11月16日)

※記載されている会社名・商品名等は、各社の商標または登録商標です。